SERVICE
サービス

SERVICE
01
Features of RPA
RPAの特長

RPAは人が行っている業務を真似することで動作します。これまでシステム開発による自動化では物理的に対応できなかった業務や、対応できたとしても多大な時間やコストがかかってしまうため諦めていた業務など、操作対象のシステムを変更することなく、様々な業務を自動化することができます。複雑な業務でも、ルール化できるものであれば自動化対象となるため、その利用範囲の広さから昨今国内外で大きな注目を集めているシステムです。

SERVICE
02
Work that fits in RPA
RPAで出来る事(デモ動画)

  • UiPath

    出張先情報の収集作業をロボ化したデモ動画です。操作システム:Excel、ブラウザ(旅行サイト)

  • WinActor

    郵送用のラベル作成作業をロボ化したデモ動画です。操作システム:Excel、ブラウザ(ラベル作成サイト)

  • BizRobo!

    入退出管理ログに社員情報を付加する作業をロボ化したデモ動画です。操作システム:CSV、ブラウザ(社員情報)

SERVICE
03
Worries about introducing RPA
RPA導入に関するお悩み

導入前に多いご相談

具体的に何から始めたら良いかわからない

RPAを導入する際は、検討・対応すべき物事が多く、初動でつまづいてしまうケースも見受けられます。
弊社では、お客様の状況をしっかりと把握した上で、お客様ごとに最も適した対応を一緒に検討して参ります。

どの業務がRPAに適しているか、また、どのRPAツールが自社の業務に適しているかわからない

それぞれのお客様の業務に特徴があるように、RPAツールにも得意分野や不得意分野が存在します。
弊社では、お客様が業務でどのようなシステムを利用しているか、誰がRPAの運用を担当していくか、RPA導入にかけるご予算はどのくらいか、など、様々要因をお伺いしながら最適な導入方法をご提案致します。

導入後に多いご相談

導入してみたものの、自社の運用方法が正しいのか不安

お客様によっては自社にシステム部門がある等、導入自体はなんとか自社で行うことができたというお客様もいらっしゃいますが、RPAは導入後も検討することが多く存在します。
ロボットの管理、セキュリティ、ロボット作成のルール、など、全てのお客様に当てはまる正解はございませんが、セオリーは存在します。
お客様ごとに考え方は違うため、弊社ではお客様ごとにそれぞれの課題について適した方法をご提案するようにしています。

何か困ったことが起きた際に、解決まで時間がかかる

自社で導入を行ったお客様の場合、何かあった際の相談窓口は、利用しているRPAツールの開発会社になるかと思いますが、開発会社への問い合わせは多くの場合回答までに時間を要するケースが発生します。
また、担当者が同一でない場合、状況説明を都度行う必要があり、認識ずれのリスクもあります。
弊社では、導入の時点から専用の担当者が窓口となり、何か問題が発生した場合でもスムーズに対応致します。

SERVICE
04
Introduction support flow
導入支援の流れ

内容

  1. 簡易ヒアリング

    秘密保持契約書(NDA)を取り交わした上で、お客様業務について、簡単なヒアリングを行います。優先的にRPA化すべき業務の洗い出しが目的です。

  2. 業務分析

    RPAツールでの開発を前に、お客様業務の詳細な内容をヒアリングいたします。​ここで可視化された業務をRPAが代行することになります。

  3. POC 検証

    RPAツールの選定と並行して、各RPAツールがお客様業務を代行する上で問題等がないかの検証を行います。ここでの結果もRPAツールを選定する上で非常に重要な情報となります。

  4. RPAツール選定

    お客様の業務をRPA化していく上で、最も適したRPAツールをご提案いたします。​業務との適合度、予算、使いやすさ等、様々な点からすり合わせを実施いたします。

  5. 環境準備

    実際の開発に入る前に、開発に必要なハード(パソコン等)、ソフトウェア(RPAツール等)の準備、環境構築を行います。

  6. 開発

    実際に開発を行います。開発中も都度お客様と連絡を取り合い、進捗や課題等の管理を行いながら進めていくことになります。

  7. 導入

    ロボットの開発が完了した後、お客様環境で正常に稼働するよう軽微な調整などを行います。また、ロボットの操作方法の説明や開発方法のレクチャーなどもいたします。

  8. 運用・保守

    ロボットがお客様環境で動作し始めた後も、弊社が問合せ窓口として機能いたします。 また、自動化対象範囲の拡大に向けて新規ロボットの開発や既存ロボットの改修などもサポートいたします。

スケジュール

SERVICE
05
Business flow before and after introduction
導入前後の業務フロー(RPA×AI-OCR)

過去の導入事例をもとに、RPA×AI-OCRツールの導入前後のイメージフローを掲載いたします。
本事例では、業務の入口と出口のみ人手を残すことで、1回あたりの作業時間を約120分(2時間)削減する結果となりました。

SERVICE
06
Suggested RPA tools
ご提案可能なRPA・OCRツール

弊社では、数あるRPAツールの中から、貴社に適したツールの選定・調達を代行いたします。

UiPath

メジャーなデスクトップ型RPAツールの中で最も低価格ながら、トップクラスの動作精度を発揮する。スモールスタートから大規模展開まで対応することができる、バランスの良いツール。

WinActor

デスクトップ操作を現場担当者自身が自動化する事を目的に開発されたツール。設定自体は比較的容易だが、安定稼働のためにはある程度のシステム知識はあった方が良い。国産ツールのため、認知度が高い。

BizRobo!

サーバーを利用したバックグラウンド実行が可能で、安定的に大量・並列処理を行う事ができる。一業務あたりの量が多い中堅・大企業等と相性の良いツール。(中小企業向けにコストメリットの高いデスクトップ型ライセンスも存在する)

AI-OCR

AI inside 株式会社の文字認識AIを活用したAI-OCRツール。手書き書類のデータ化も可能で、各種RPAツールとAPI連携を行うことで、紙媒体のリアルタイムなデータ化を行うこともできる。

上記以外のRPAツール、およびAI-OCRツールのご提案も行います。

SERVICE
07
Suggested other tools
その他の業務改善ツール

弊社では、RPAやOCR以外の業務改善ツールも取り扱っております。なお、様々な業務課題に対して最適なソリューションを提供できるよう、以下のツール以外のご提案も行います。

rakurakuhanbai

クラウド型の販売管理システム(見積、受発注、請求)。ユーザー間の申請・承認や、Excel形式の帳票生成など、ノンプログラミングで柔軟なワークフローの実現が可能。中小規模の企業規模と親和性が高く、ノンプログラミングを前提としてるため、他の販売管理システムと比較しても導入がしやすいツール。

rakurakumeisai

請求書、納品書、支払明細などの帳票を自動発行するクラウドサービス。顧客ごとに郵送、メール、FAX、WEB上でのダウンロードなど、自由に設定可能。導入後の継続率は99%と導入のしやすさとコストメリットで注目されているサービス。

kintone

クラウド型のCRM・SFAシステム。ツール上で自由に「アプリ」を作成することができ、幅広い用途に利用できる。利用企業も多く、利用開始後の運用方法について、他社事例などの情報収集がしやすいツール。